リフォームお役立ち情報

介護改修リフォーム

住宅改修

介護保険の要介護認定・要支援認定を受けた人が、お住まいの住宅を改修した場合には、申請により改修費用(消費税を含み、原則1住宅につき20万円まで)の9割が保険から給付されます。

住宅改修をされる場合は、事前に申請が必要となりますので、担当の介護支援専門員(ケアマネジャー)などにご相談の上、必ず工事着工前にスタッフまでお申し出下さい。お住まいの区の保健福祉センター福祉・介護保険課への申請は弊社スタッフが代行いたしますので、お客様ご自身での難しい手続き等は一切不要です。

対象となる住宅改修

介護改修リフォーム

  • 手すりの取付け
  • 段差の解消
  • 滑りの防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更
  • 引き戸等への扉の取替え
  • 洋式便器等への便器の取替え
  • その他上記の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

【手順】

住宅改修手順


事前の申請に必要なもの

  • 介護支援専門員・地域包括支援センター担当職員・作業療法士・理学療法士・福祉住環境コーディネーター(検定試験2級以上)のいずれかが作成した、住宅改修が必要な理由書(それぞれ資格を証明するものを添付する)
  • 見積書(工事箇所、内容、規模を明記し、材料費、施工費、諸経費等を区分)
  • 住宅改修の箇所ごとの改修前の写真(撮影日が入ったもの)
  • 住宅改修の工事箇所や概要がわかる図面
  • 住宅の所有者が本人でない場合は、所有者の承諾書
  • 印鑑(認印可、シャチハタ不可)
  • 介護保険住宅改修費支給申請書(窓口に設置)

完了届出に必要なもの

  • 領収証
  • 工事内訳書(工事箇所、内容、規模を明記し、材料費、施工費、諸経費等を区分)
  • 住宅改修の箇所ごとの改修後の写真(撮影日が入ったもの)
  • 住宅改修の工事箇所や概要がわかる図面
  • 給付金の振込口座の控え
  • 印鑑(認印可、シャチハタ不可)
  • 介護保険住宅改修完了届出書(窓口に設置)

住宅改造

利用できる世帯(次のすべてに該当する方のいる世帯です)

利用できる世帯(次のすべてに該当する方のいる世帯です)

  • 福岡市内に居住する65歳以上の高齢者
  • 介護保険の要介護認定において、要支援1、2または要介護度1から5の認定を受けた方
  • 介護保険の第1号被保険者保険料区分の1から6段階の方

助成の対象となる住宅改造

  • 高齢者の自立が助長され、または介護を行う方の負担が軽減される改造
     ただし、介護保険の給付対象となる工事については、一部の工事のみ助成の対象となります。
    対象となる工事:段差解消目的の浴槽取替え、屋外通路整備、屋外手すり)

    工事の具体的な内容については、住宅改造相談センターにてご相談に応じます。


助成額

  • 助成の額は収入により異なります。
    助成基準額:30万円

    介護保険住宅改修の給付対象となる工事については、助成基準金額(助成上限額)は10万円 助成額:改造に要した額と助成基準額との低い方の額に、下記の助成率を乗じて得た額

助成額

利用者の段階区分 助成率
1段階 生活保護、老齢福祉年金受給者 100%
2、3段階 住民税非課税(世帯) 190%
4段階 住民税非課税(本人) 160%
5段階 住民税課税 本人所得金額200万円未満 135%
6段階 住民税課税 本人所得金額200万円以上
300万円未満
110%

申請に必要なもの

  • 申請に必要なもの
  • 介護保険被保険者証
  • 申請書及び見積書(各区役所、地域包括支援センター、又は住宅改造相談センターに用意しています)

詳しいお問い合わせは、お住まいの区の保健福祉センター 福祉・介護保険課へ

早良区保健福祉センター 福祉・介護保険課 (092)833-4355
西区保健福祉センター 福祉・介護保険課 (092)895-7066